新規事業ご担当者様向けWEBサイト制作・運用ミニTIPSを各種SNSでお届けしています。

WEBサイト新規立ち上げ、ドメイン名はこう決める

seedポイント!

・ドメイン名次第でGoogleの検索評価も変わる
・ドメイン名とサービス内容を一致させる
・トップレベルドメイン設定で特徴を

ドメイン名は、スタート後簡単に変更できるものではないので慎重に検討したいところです。

基本自由に作成できますが、ポイントを押さえる事で、今後のプロモーションに有効的に利用できるドメインを作成できます。

まずは、ドメイン名とサービス内容が一致していた方が、Googleの評価もあがるのでサービス名をできるだけ反映させます。

例えば「ヘアーサロン シード」であれば

  • hairsalonseed
  • hairsalon-seed
  • salonseed
  • salon-seed

のようなドメイン名が考えられます。

日本語ドメインもありますが、URLをシェアした場合に文字化けのリスクもありますのであまり推奨はしていません。

※ただし日本語ドメインは検索評価は高く、検索時に上位表示される可能性があります。

続いて、ドメインの後ろに付くトップレベルドメインを設定します。

例えば「co.jp」「jp」「com」「net」「tokyo」などです。

一般トップドメイン

domain.sakura.ad.jp/guide/top-level-domain/

※参照さくらのドメイン

他にも「buzz」「photo」「pink」などあらゆる設定が可能です。

これは検索評価には影響を受けませんので自由に設定することができますが、顧客が見た際の信用は変わりますので、サービスをかけ離れたキーワードに設定すると好ましくありません。

例えば「salonseed.pink」

いかがでしょうか。

これよりは「salonseed.jp」「salonseed.tokyo」の方が確かな印象を与えられます。

シードでは、ドメイン名でお悩みのお客様へ、WEBサイト制作・運用も含めこうした基本的なアドバイスも実施しています。

興味がありましたらぜひお問い合わせください。

この記事を読んだあなたへのおすすめ

WEBサイト新規立ち上げ、ドメイン名はこう決める

このミニTIPSはお役に立ちましたか? 
シードでは・・・

(けど)ブランディングはしっかりしたい!