新規事業ご担当者様向けWEBサイト制作・運用ミニTIPSを各種SNSでお届けしています。

プロトタイピングツールを利用して、早めに操作性チェック、問題を早めに洗いだす

2019/03/07 全て デザイン コンテンツ

プロトタイピングツールを利用して、早めに操作性をチェック、問題を洗いだす

seedポイント!

・大規模改修が発生する前に、プロトタイプで事前チェック
・今では簡単に導入できるプロトタイピングツールが複数
・例えば、Adobe CCを利用していれば無料で利用ができるAdobe XD

プロトタイプとは、WEBサイトやアプリケーションのページ構成の操作性をチェックする際に利用する方法です。

WEBサイトの実装後に操作性をチェックし大きな問題が発生してしまうと、改修に大きなコスト負荷がかかります。

実装前にチェックができるプロトタイプがあれば、問題が大きくなる前に調整を入れることが可能になるわけです。

過去、プロトタイプを作るにもある程度のコストをかけていましたが、今では簡単に導入できるプロトタイピングツールが複数あります。

例えば、Adobe CCを利用していれば無料で利用ができるAdobe XD。

Adobe XDはとにかく動作が軽く、デザインツールの使いやすさとしてはとても評判が高く、WEBデザイナーに人気です。

シードのWEBサイト、カスタムプランではプロトタイピングツールを導入し、ユーザー体験をさらに良いものに仕上げていきます。

興味がありましたらぜひお問い合わせください。

この記事を読んだあなたへのおすすめ

プロトタイピングツールを利用して、早めに操作性チェック、問題を早めに洗いだす

このミニTIPSはお役に立ちましたか? 
シードでは・・・

(けど)ブランディングはしっかりしたい!