新規事業ご担当者様向けWEBサイト制作・運用ミニTIPSを各種SNSでお届けしています。

WEBサイトにOGP情報、画像、概要を設定してSNS拡散の機会をアップ

2019/03/02 全て デザイン 運用 コンテンツ 集客

WEBサイトにOGP情報、画像、概要を設定してSNS拡散の機会をアップ

seedポイント!

・OGPとはWEBサイトタイトル、URL、概要、アイキャッチ画像をSNSで表示させる仕組み
・写真と説明文があると、リンク先のページの内容がよくわかり集客につながる
・個別でそのページの内容を紹介できるように設定

OGPとは「Open Graph protocol」の略で、 Facebook や Twitter 、LineどのSNSでシェアされた際に、そのWEBサイトのタイトル、URL、概要、アイキャッチ画像を表示させる仕組みです。

Facebookのタイムラインなどに誰かがシェアした記事URLと共に流れてくる画像などがその情報です。

写真と説明文があると、リンク先のページの内容がよくわかり、SNSの利用者の目を引くことができ、集客につながります。

WEBサイト全ページで共通の情報にするのではなく、個別でそのページの内容を紹介できるように設定しましょう。

このような積み重ねの施策が中長期では集客の差につながります。

シードではSNSでの表示のされかたなどにも細かくチューニングを入れ改善します。

興味がありましたらぜひお問い合わせください。

この記事を読んだあなたへのおすすめ

WEBサイトにOGP情報、画像、概要を設定してSNS拡散の機会をアップ

このミニTIPSはお役に立ちましたか? 
シードでは・・・

(けど)ブランディングはしっかりしたい!