新規事業ご担当者様向けWEBサイト制作・運用ミニTIPSを各種SNSでお届けしています。

XMLサイトマップを作成して適切なサイト構成を検索エンジンに伝える

2019/03/09 全て 運用 SEO対策 集客

XMLサイトマップを作成して適切なサイト構成を検索エンジンに伝える

seedポイント!

・アーカイブが大量にある場合には、クローラーが上手く機能しない
・XMLサイトマップ を Google  Search Consoleから登録
・ワードプレスであればプラグインGoogle XML Sitemapsを利用

検索エンジンのロボットはページリンクを辿り、ページ情報を集めます。

適切に内部リンクが設置されているWEBサイトであれば、検索エンジンのクローラーはほとんどのページを検出できます。

しかし、WEBサイトの規模が大きく、コンテンツページのアーカイブが大量にある場合には、クローラーが上手く機能しない可能性があります。

その場合にはXMLサイトマップ を Google  Search Consoleから登録することで、適切なサイト構成を検索エンジンに伝えることが可能になります。

ワードプレスであれば「Google XML Sitemaps」というプラグインを使うと簡単にXMLサイトマップを作成することができますので、ぜひ試してみてください。

シードでは、WEBサイト初期制作から基本的なSEO対策をサポートします。

興味がありましたらぜひお問い合わせください。

この記事を読んだあなたへのおすすめ

XMLサイトマップを作成して適切なサイト構成を検索エンジンに伝える

このミニTIPSはお役に立ちましたか? 
シードでは・・・

(けど)ブランディングはしっかりしたい!